CPAP(シーバップ)スーパーマン

2日続けての、CPAP(シーバップ)に関する記事になります。

昨日の記事では、ただただ勢いにまかせて、CPAPの凄さについて正直に書きましたが、正直言って、あんなものではまだまだ書き足りません。

CPAP(シーバップ)って、一般的にはSAS(睡眠時無呼吸症候群)を解決するための治療としか思われてません。

確かにそれはそうなんですが、僕から言わせると、それでは全然説明が足りない。

いいですか…

CPAP(シーバップ)ってのは…

人間をスーパーマンに変えてくれる夢の機械なのです。

 

CPAP(シーバップ)をつければ人生の質が上がる!

CPAP(シーバップ)をはじめて使いはじめた夜。

僕は正直かなりドキドキしていました。

ああ、たぶん朝になったら、CPAPのマスクが外れているかも…

口テープも剥がれているかも…

結局またイビキをかいてしまうかも…

また、夜中に無呼吸になってしまうかも…

新しく使いはじめるCPAPに大きな期待を寄せる一方、どうせまた失敗するのかも…という不安が入り混じってました。

なぜなら、僕はそれまでにも、睡眠時無呼吸症候群やイビキ対策として…

鼻孔を広げるテープ

口テープ

横寝用枕

そんなグッズを使ってきましたが、口テープは夜中どころか、寝る前に気持ち悪くて剥がしてしまう始末だし、何を使っても、何をやっても、イビキもおさまらないし、無呼吸になるして、どうせ何をやっても無駄かも… という失敗に慣れきった敗者のメンタリティになっていたのです。

それゆえの初CPAPのドキドキだったのですが…

全て杞憂に終わりました。

 

何より僕の頭は朝からとてもスッキリとしていました

初めてCPAPを装着して寝て起きた翌朝、僕の花にしっかりとマスクは固定されたままでした。

口テープはしっかりと貼られたままでした。

そして、数値を見ると、3.0ぐらいだったので、無呼吸にはなりませんでした。

家族に確認もしましたが、イビキもまったくかきませんでした(そんなの10年振りぐらいの奇跡です!)。

そして何より…

僕の頭は朝からとてもスッキリとしていました。

こんなことは、もう何十年振りかわかりません。

僕は昔から、寝付きがめちゃくちゃ悪くて、おまけに朝がものすごく弱くて、休みの日とかにどれだけ寝ても、それでも頭はスッキリしてなくて、なんだかいつも身体も頭もボーッと疲れていたのです。

それが完全に自分のデフォルトになっていたので、自分が異常事態にあるということすら気がついてませんでした。

でも、CPAPを使ってはじめて迎えた朝、僕はかつてないほどのスッキリシャッキリとした気持で、布団から起き上がることができました。

そして、起き抜けのシャワー

そして、朝イチからエンジン全開で自分にとって、最も重要なミッションの仕事に取り組むことまでできました。

なんだか自分がスーパーマンになったような気分でした。

 

CPAP(シーバップ)を使ったほうがよい人

とにかく、僕は心から思う。

もし、この記事を読んでいるあなたが、SAS(睡眠時無呼吸症候群)である、あるいはそうかもしれない…と思っているなら、今すぐCPAP(シーバップ)を始めたほうがいいと思います。

あるいは、イビキがヒドイ人、寝てもいつも身体が疲れている人は、もしかしたら自分はSAS(睡眠時無呼吸症候群)なのかもしれない… と疑ってみたほうがいいと思います。

そして、やっぱりCPAP(シーバップ)を導入したほうがよいと思います。

僕は長年の間、自分はただイビキを時々かくだけの話

と甘く見ていました。

息子に「お父さん、お願いだから一度、CPAP(シーバップ)を使ってほしい」と懇願された時には、一笑に付して、全く取り合いませんでした。

それはもう2年ぐらい前の話だったのですが、もし息子に言われたその時にすぐに行動して、CPAP(シーバップ)を初めていたら…

なんだか二年分人生を無駄にしたような気さえします。

とにかく、CPAP(シーバップ)を使い初めて人生が変りはじめてます。

人生の質が確実に上がってきています。

2日続けて、熱いテンションでCPAP(シーバップ)について語ってしまいました。

明日以降は、CPAP(シーバップ)の導入方法とか、料金とか、装着感とか、より具体的なお役立ち情報を書いていきますね。

本日も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

明日も更新します!

(*^_^*)

あゆむ 拝